密かなプルメリア

今年のニュピは日蝕と重なった。 バリ島では部分日蝕だったが、とても印象的だった。 太陽の光が弱くなり、快晴なのに暗くなる。 あらゆる景色に膜がかかったようになる。 もちろんプルメリアにも。 バリ島の静寂の日を一層の静寂に染み渡らせた薄暗い膜。 この不思議な感覚は拭い去れない。 この夜、見事な快晴に星々が輝く。 視力の落ちたこの目でも、天の河がはっきり見えた。 うわっと驚いていると、大きな流れ星が天頂から地平線へ。 こんなバリ島の夜空ははじめて見た。