AX

Category Archive: 動物・魚・虫

アゲハチョウ

アゲハチョウ

近所でアゲハチョウを見るのは久しぶりだ。 最近は都内でも野鳥が来たり、虫がいたりして楽しい。 つい殺虫剤なんか使って殺してしまいがちだが、 一緒に暮らせるようになると楽しいだろう。 害虫も受け入れなければならないのが問題だが、 そこに学ぶべき何かがあるってことで、 受け入れられるようになりたいものだ。

 

トンボを撮る

トンボを撮る

まだまだとても暑いが、秋は確実にやって来ている。 城北中央公園でトンボが飛んでいた。 撮影は無理だろうなと思いつつ、撮ったら撮れた。 子供の頃は虫を追いかけて走り回った。 大人になっても追いかけている。 虫を殺さなくなっただけ大人になった?

 

静かな海面に広がる輪

静かな海面に広がる輪

サヌールの浜は遠浅。 干潮には波が来ない。 昇ったばかりの朝日に照らされ、 魚たちの悪戯が水の輪になる。 静かな朝の 静かな営み。  

 

バリ島の鳥

バリ島の鳥

バリ島にバードコールを持っていった。 木と金属をこすりあわせることで、鳥の鳴き声のような音を発生させる装置。 それを使って鳥と響き合う。 はじめのうちは姿を現さず、声だけのコミュニケーションだったが、一日それをしていたら、翌日には姿を現してくれた。  

 

アゲハチョウを見た

アゲハチョウを見た

アゲハチョウを見たのは何年ぶりだろう。 バリ島ウブドで棚田を見て歩いていたとき出会いました。 昔は捕虫網をもって追いかけていたんだけどな。 いまは滅多に見ないので、追いかける気にはなれない。  

 

月と桜とムクドリ

月と桜とムクドリ

月と桜を写真に撮っていたら、ムクドリの群れがやってきた。 静かな桜が一瞬にして騒々しい桜となった。  

 

桜にとまるハクセキレイ

桜にとまるハクセキレイ

このところ、かつてはあまり見かけなかった鳥をよく目にする。 桜にハクセキレイが留まっていた。 調べたら、もとはロシア沿岸から北海道、東北あたりにいたものが、1980年頃から関東でも観察されるようになったという。 きれいな鳥をたくさん見かけるのは楽しい

 

テオティワカンのジョン

テオティワカンのジョン

テオティワカンのジョンは僕たちを案内してくれた。 ほんの数十分のことだけど、きっと君のことは忘れない。 ジョンについて

 

蝉の抜け殻

蝉の抜け殻

近所の公園の木に蝉の抜け殻がたくさんついていた。 蝉は抜け殻から出るとき木を選ぶようで、たくさんついている木と、まったくついてない木とがある。

 

鴨と桜

鴨と桜

石神井川を泳ぐ鴨と桜。 氷川台にて。

 

夕焼けのムクドリ

夕焼けのムクドリ

夕焼けに舞うムクドリ。 群れで飛ぶときの羽の音がいい。

 

ロタ島バードサンクチュアリにて

ロタ島バードサンクチュアリにて

人がほとんどいない島のはずれにバードサンクチュアリがある。 旅行のシーズンではなかったので、誰にも人に会わなかった。 360度広い景色をひとりじめ。