未来市場創造会Blog

製造業のビタミン剤

Archive for the ‘未来市場創造会運営委員会’ tag

運営委員会でのこと

without comments

昨晩、2010年12月7日に未来市場創造会運営委員会を開きました。参加した委員の皆さんは以下の通りです。

奥下圭介さん
Kさん
Sさん
Tさん
谷崎テトラさん
つなぶちようじ
野木志郎さん
が集まりました。
布施真人さんは出席の予定でしたが、急遽仕事の都合で欠席なさいました。

まずは第1回の未来市場創造会について意見を述べ合いました。以下のような意見が寄せられました。

谷崎テトラさんの話がよかった。環境の危機的な話とマーケティングの話を聞くことで、これから何を考えるべきかがはっきりとした。一方で、ディスカッションがその話に引っ張られ、観念的な話が多かったと思う。(奥下さん)

友人を連れてきたが、はじめのうちはどんな話がなされるのか不安だった。しかし、フィールドを越えて未来について語り合うことは面白いことがわかった。ただし、現在の不安に対してどのように対処すべきかなど、踏み込むべきところにはまだ踏み込めてない感じがするので、次回に期待している。テトラさんの話からみんなの対話となり、明確なサジェッションから混沌としたワールドカフェに移行することでメリハリができたと思う。終わったあとに名刺交換をしたいと考えていた人もいたようなので、そのような人と人とが出会うための時間や、体験したことを個々人がまとめるシェアの時間などが必要だと感じた。(Sさん)

いろんな業界を越えて、ワイワイと楽しい時間が過ごせたことがよかった。司会とテトラさんの話で、この場はリラックスしていい場であり、やわらかいホッとした感が生まれてよかった。ひさしぶりに大学生の頃のフリーな情報交換の場を持てたことがうれしかった。あそこでおこなわれたことや議事録をMLに流すと良いのではないか。あの場では会社を離れて未来を考えることが楽しかったが、議事録などを通して、生活の場においても未来のことを考えられるようになるのではないか。(Tさん)

開いたばかりのMLはまだ書き込みがないので不発だと言える。まだ仲間になりきれていないことがわかる。やはり未来市場創造会終了後には懇親会がマストであろう。個々の思いを明らかにするという点でワールドカフェは成功であり、一歩踏み出したことは確かだが、これからさらにこの活動を活発にするには改善すべきところが多々あると思う。(Kさん)

未来市場創造会でも言ったとおり、僕の思っていた会とは違う形になっている。この会はこの会でとても面白いのだが、僕の思いは日本の製造業の空洞化を防ぐために何ができるかという点にある。そのためには現場がどうなっているのか、何をどう改善できるのか、そのようなことを考える場にしていきたい。ただ一方で、初めての委員会の際にテトラさんが指摘したように、30年後に飛行機が飛ばなくなり、流通や交通が滞るようになる可能性があると聞いたとき、いままで通りのやり方で何かしようとしてもどうにもならないということも理解できた。(野木さん)

プレゼンテーションはまずまずうまくいった。みんなが楽しそうだからいいかなとも思った。しかし、僕自身はほとんど誰とも対話をしなかったのが残念だった。時間が足りず、誰かと知り合う時間がなかった。あの場にはたくさんの人が来てくれたけど、誰とも新しく知り合いになれなかったのが残念。前回の未来市場創造会でやったことは、まだ議論できる状態ではないので、MLを開いてもあまり活発に議論はできないのではないか。次回は少人数にして、もう少し突っ込んだ話をしたほうがいいのではないか。(谷崎さん)

第1回としては成功したと思っている。委員や参加者がみんな自分のこととしてあの場に来てくれたことがうれしい。(つなぶち)

以上は僕のメモによって再現しているので、もし発言内容に間違いなどがあったら指摘してください。

これからの未来市場創造会をどうしていくかについて、いろいろと話し合いました。僕の頭に印象的に残っていることを書くと以下のようなことです。

未来市場創造会が単なる寄り集まりに終わらないために、明確な思想を打ち出していきたい。そのためにマーケティング的な視点や、科学的な考え方を基礎として、未来市場創造会ならではの発展を目指していきたい。

未来市場創造会は、集合知を生み出す装置となるべきだ。それぞれに専門的知識を持っている人が集まり、欠けている知識を交換し合い、そのことによって新しい何かが生まれていくことを期待する。

世界のことを知り尽くした完全な個人やグループがあるわけではない。不完全な個人やグループが集まり、情報を交換し合いながら、そのこと自体を楽しめるようにこの会をマネージしたい。

次回は第1回よりしっかりと時間を取って、参加者同士が互いに触発しあえる場にしていきたい。

最後に会計を担当しているSさんに精算をしてもらい、委員会を終えました。

次回は、2月か3月の土曜か日曜、午後一杯を使うプログラムをおこなう予定です。日程など明確になりましたら、こちらで発表いたします。

運営委員の皆さん、お疲れ様でした。