未来市場創造会Blog

製造業のビタミン剤

第2回未来市場創造会 開催決定!!

without comments

□□ 5月29日(日)第2回未来市場創造会 開催決定!!

    拡散希望。
    このようなことに興味のありそうな人に
    知らせてあげてください。

未来市場創造会第2回目となる今回は、
ワールド・ビジネス・サテライトにもコメンテーターとして出演されている
日本政策投資銀行産業調査部長・鍋山徹さんをお招きし、お話をうかがいます。
日本の経済・産業の生きた情報を集めている鍋山さんから見た、
「ニッポンの未来」そして「未来市場」とは?

鍋山さんは、日本の経済が元気を取り戻すカギについて、
こんなヒントを投げかけてくれました。
「日本は、既に完成した社会を作り、良いものを実現し、
満足してしまった面があります。
今、私たち日本人の心を動かすもの、それは“感動”しかありません」。
利益の追求から、興味・感動の追求へとバージョンアップする市場――、
ちょっと面白そうじゃありませんか?
机上の空論ではなく、鍋山さんが収集したリアルな情報をシェアすることで、
未来の日本経済を少し“楽観的”に考えられるかもしれません。
震災という大きな痛手を負った今こそ、「埋める」ことではなく、
「新たな発展」へと思考を巡らせてみませんか?

後半は、鍋山さんからの「問い」に参加者全員で答えを出していきます。
ワールドカフェを前回よりさらに本格化させ、より深い議論を誘う予定です。
そして、終了後には会場を移動し、
酒と料理と出会いのある「懇親会」を予定しています。
5月最後の日曜日、ぜひ新たな仲間と一緒に、
ニッポンの未来を語り合いましょう!
お申し込みは以下のURLからどうぞ。
http://www.kikkakeseminar.com/application/spn1004/form.cgi

<未来市場創造会って?>
「未来市場創造会」は、各々の夢や希望を真面目に考え、
さまざまな市場問題の答えを生み出していくために生まれました。
長引く日本の不景気は、社会全体に閉塞感を生み、
「市場に希望がない」、「普段接している“市場”が不況にひきずられている」、
などいう声が頻繁に聞かれる状況を作り出しています。
そんななか起こったのが、3月11日の東北地方太平洋沖地震です。
震災は大きな悲しみと深刻な痛みをもたらしました。
しかし同時に、私たちに変革をたらそうとしているのも事実です。
今まで後回しにしてきた「未来」について、
真剣に語るべき時が来ているように感じます。
私たちは、状況に引きずられた市場に支配されるのではなく、
未来を見据えて市場を創造していきたいと考えています。
私たちの抱えている問題、知らなかった現状、
他国の問題、新しい未来。
本当に必要なものは何か、何が効果的な方法なのか。
いろいろな議題をとおして
「未来市場創造とは何か」という答えを探していくのが
「未来市場創造会」です。
この会をきっかけに各々の幸せと経済を真面目に考え、
答えを行動に移し、
最終的には未来市場を実際に世に生み出すことを
目指して活動しています。

<前回までのあらすじ>
前回、記念すべき未来市場創造会第一回目の会合では、
平日夜の開催にも関わらず、年齢も職業も様々なメンバー25名が参加。
前半の谷崎テトラさんによる講演では、環境やメディアの問題に着目し、
「マーケティング3.0」などの興味深いプレゼンテーションが展開されました。
後半は、参加者全員で「ワールドカフェ」に挑戦。
お互いが抱える、未来に対しての危惧や希望を初対面同士ながら、
ざっくばらんにシェアし合いました。

第2回 未来市場創造会
 日時   2011年5月29日(日) 14:00〜17:45
 会場   世田谷ものづくり学校
       東京都世田谷区池尻2-4-5
       電話03-5481-9011
http://www.r-school.net/
 講師   鍋山 徹
       日本政策投資銀行産業調査部長
       テレビ東京『ワールド・ビジネス・サテライト』コメンテーター
 会費   3,000円
 参加申込 http://www.kikkakeseminar.com/application/spn1004/form.cgi
 主催   未来市場創造会
       http://書く冒険.jp/futuremarket/
 質問などは info.futuremarketing@gmail.com 担当つなぶちまで。

Written by Tsunabuchi Yoji

4月 27th, 2011 at 11:36 am

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.