Posts Tagged ‘ 宝瓶宮福音書 ’

宝瓶宮福音書

2016年11月21日
By yoji

一年半ほど前、山川紘矢さん亜希子さんご夫婦のインタビューをしに、ご夫妻のお宅にうかがった。そのとき本棚にある『宝瓶宮福音書』を紘矢さんが手に取り「これがすごくいい本なんだよ」と言って推薦して下さった。はじめて見る本だった。「何がいいのですか?」と質問すると、聖書に出てくるキリストがどのようにしてキリストになったのかが書かれているという。その頃ちょうど保江邦夫さんの本を読んでいて、その中にキリストはエジプトのピラミッドで修行したというようなことが書かれていたので、そのことについて質問したら「そうそう、この本にエジプトでの修行について書かれている」という。 キリストがエジプトで修行したなんて、妙なことが書かれている本に次々と出会う。こんな不思議なことはあるのだろうかと思い、いつか買って読んでみようと思った。 アマゾンで検索すると古本が何冊か売られていた。しかし高い。安くなるまで待つことにした。あるとき手頃な値段で出品されたのでそれを買った。 聖書は読んだことがあるが、何度か似た話が出てきたり、書いている人によってニュアンスが違ったりして、よくわからないというのが感想だった。この福音書もよくわからない。同じところもあるし、違うところもある。そして、いろんな示唆に富んでいる。この本を読む価値があるのかどうか、一般的な話はできない。示唆されることはすべて自分のためにある。だから他人が読んでもいい本かどうかは、その人によるだろうと思う。僕にはまあよかった。だけど、山川さんが熱心に説いたそこまでの良さを感じることはできなかった。
Read more »

Tags:
Posted in 書く冒険 | No Comments »