卵

2017年4月19日
By aki

「ただいま〜♪」里でのミサから、天使が
いつになく晴れやかな顔をして帰ってきて、言った。
「ご復活、おめでとう!」

「天使さん、お帰り! そっか、イースターだったんだね。
おめでとう!」

「お土産頂いてきたの。 ほら、見て…」
天使がそっと手のひらをひらくと、小さな卵が一つ。

「卵はね、新しく生まれた命の象徴として、
キリストが、十字架の死から永遠の命へと復活したイースターのお祝いに
飾ったり、プレゼントしたりするんだよ。」
海馬が優しく説明を添えた。

「うわぁ、卵かぁ…あぁこの丸み、それに
なんだか、ほんのりとあったかくて、いいねぇ…」
卵を見て誰よりも親近感を覚えたキジが、「早く、ここにここに」と翼で促し
そっと自分のお腹の下に収めた。

猿が「やっぱり蛙の子は蛙、鳥の卵は鳥だね!
なんかしっくり収まっちゃってる。
いいなぁ…そしたらボクは、生まれた後におんぶしたり抱っこしたり、
ノミを取ったりしてあげよう。」 待ち遠しそうに言った。

「キジさんも猿さんも、いいなぁ。 だってボクは、どっちかって言うと
赤ちゃんでなくお母さん・妊婦さんの安産を守るのが専門だから…」
犬が羨ましそうに言いかけたが、すぐに
「でも生まれたら、一緒にお散歩できるね!」と思い直し、やはり
楽しみに待つことにした。

「じゃ、えっと、私は、私は…」帰り道、ずっと卵を手の中で温めてきた天使は、
にわかに芽生えた母性をどう発揮したものかと考えた挙句、
「分かった! 卵のあいだは、歌を歌ったり絵本を読んだりしてあげよう。
生まれたら、一緒に踊りも教えてあげることにするわ♪」ようやく役割を見つけた。

そんなやりとりを、海馬はじっと、少し悲しそうな顔をして見つめていた。
「ボクは…ボクには、今できることは…ないからなぁ…
そこまで若いと、さすがにねぇ…
だってボクは、主に老後担当だもの。」うつむいてボソッとつぶやいた。

「う〜ん…だからボクは、いつかやがて卵ちゃんが大きくなった暁に
張り切って出番に応えることにする。 それまで待つよ!」
気を取り直すようにすっと空を見上げた鼻の先の長さは、でも
気の遠さを物語っているようでもあった。

なんだかんだと語らいつつ、結局、キジのお腹の下の小さな卵に
ギュウギュウと寄り合っている彼らに、桃太郎が近づいてきて言った。
「今回のテーマは、“大切なものを書く”だからね。」

ハイ、と差し出されたその種は、新しい命の鼓動と共に
彼らの思いを、一層、優しく大きく膨らませていく。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*