リフレーミング

2017年3月4日
By

桃太郎がくれた種の中に、こんな種があった。

“リフレーミング”

ン? ナンダ? ソレ…

「アレじゃないか、ほら、
キミたち猿の社会でいつもお互いがやり合う、あの
全身のノミ取りごっこみたいなの。」

「あぁそれ、‘グルーミング’ね。
それなら桃太郎さんも時々やってるよ、丁寧にマゲを結い直したりとかさ。
だけど一人でしてるから、ちゃんとノミまで取れてるかは分からないけど。
むしろさ、キミの仲間のプードルとかテリアなんかが
ロン毛をオシャレに刈り込んで貰ったりする、アレのことじゃないの?」

「犬の世界じゃ‘トリミング’って言うんだよ。」

「鳥的には、虫な気がする…‘グローウォーム’っていう光る幼虫がいるんだけど
なんとなくそれに響きが似てるから、親戚のようなものじゃないかと。
ニュージーランドのだから、食べたことはまだないんだけどね。」

三角パス回しのような彼らの会話が、
少しずつ、ずれた方向に進んで行っていると感じてはいるものの、
天使と海馬は、そこにパスを継ぐことができない。
それもそのはず、天使の記憶の森には‘リフレーミング’という言葉自体がないのだ。
いくら、過去の忘れた記憶を探し出すのが得意な海馬でも、
ハナから知らない物事を探しに行くのは、ムリなのだ。

「じゃあ説明しよう。 直訳すれば‘フレーム’=つまり枠組みを、
‘リフレーム’=組み替える、ってことだよ。」 桃太郎曰く、
一つの物事でも、違った視点から眺め直してみることによって、
同じ物事に対する受け留め方が、全然違ってくるよね、と。

例えば「リフレーミングという言葉を知らなかった…恥ずかしい、悲しい」を、
「今、新しくリフレーミングという言葉と方法を知った」と捉え直すならば、
「知識が増えた、うれしい」って、前向きな気持ちになれるよね…ということ。

弱気になった時は、いつも勇気を与えてくれそうな、
そんな花が咲くイメージを描きつつ、
心の庭に、リフレーミングという種をまく。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *