未分類

2017年4月8日
By aki

春爛漫〜ポカポカ陽気に誘われて、桜が一斉に満開を迎えた。 桃太郎は「桃と甲乙つけがたいなぁ」と言いながらほれぼれと仰ぎ見、 犬は、花咲か爺さんと日夜灰を撒き続けた労苦をねぎらい合い、 猿とキジは、桜の木に‘登って’‘止まって’花にまみれたい衝動に駆られつつも それで散らしてしまうのは忍びないと、おとなしく見上げている。 天使も、うっとりと眺めてはいるものの、どこか気がそぞろ…その証拠に ゴキゲンならいつも出てくるはずの鼻歌が、ない。 実は、少々、気がかりなことがあるのである。 「新しいリンゴに慣れない…」 海馬が変換すると「先日、新しくPCを買い換えた。 その際、窓sのものからリンゴのものに変えた。 で、使いこなせるようになるまで目下悪戦苦闘中。」となる。 天使は元々、機械にはあまり強い方ではない。 嫌いではないが、理論やらウンチクやらが苦手。 物についても、一つの物を長く大事に使いたがるタイプだから、 前のPCも、かれこれ10年近く愛用していた。 故障や不具合があるわけではなかったが、いよいよもって サポートサービスが終わってしまうことになり、 否応なしに買い換えを迫られることになったのである。 「ならば心機一転、今度は全く違うのにしてみようかと。 それに 春はなんだか気分もウキウキするから、 新しいこと始めるのにちょうど良い気がしてね。 今はまだ、ちょいちょいリンゴにつまずいているけれど、 これからの冒険は、しっかりリンゴを携えて行けるようになりたい♪」 そんなわけで、時間を見てはリンゴを打ち、叩いてみているのである、 字面で見ると物騒だが、そっと、優しく優しく。 真新しい世界には、海馬の出番はなかなかないけれど、 いろんなことを「うん、そうか、なるほど」と密かに記憶にとどめるべく奮闘しているはずで、 そんな海馬に‘招集’がかかる日も、きっとそんなに遠くはない(…であろう)。 リンゴの花も、きっと見事に咲きますように。
Read more »

Posted in フィクション, 未分類 | No Comments »